読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもり系女子の日記~コレがただ本気なだけ~

徒然なかき物。ときに海外、ときに日本。

完全勝利(!?)だ!!!

チャンスは早々にやってきた… 個室でレクチャー… でも言えなかった… なんかこの教えようという気持ちを無下にできないと(向こうからしても無駄な遠慮)思ってしまった。←悪いクセ。無駄な慮り。

チャンスは逸してしまったものの、早速ミスして注意される…そして速攻心が折れてその勢いで辞意を表明。キュウソネコカミの原理。

もちろん理由はこっちが悪いように「能力不足によりご迷惑をおかけしてしまっている為」としました。真偽はともかく、相手の求めるレベルには全然達してないのは本当だろうから。当たらずしも遠からずで無難と思われる理由をチョイス。

したつもりが、言い訳はやめろと言われる。 あれーー?むしろ理由は深く突っ込まれずに、淡々と辞める算段になると思ってた。いやむしろ「実は辞めてもらおうと思ってたんだよね〜」くらいかと…

言い訳はやめて自分の意思を言えと追求される。辞めたいというからには、店が嫌いだ、俺が嫌いだ、怒られたくないとかそういうのがあるんだろう!と。

「大人だと思って接してる。」「大人だから分かるでしょ。」と事あるごとにおっしゃる店長。そうですね。大人なんです、わたし。日本でもイギリスでも納税し続けてきました、わたし。転職経験もあります、わたし。だからこそ、だからこそ!!!御店の、ましてや個人のマイナス点なんて…言うわけないでしょ!!だって、大人だからさ…骨の髄から社会に飼いならされてたんだから。まじキレイゴトしか言えない口になってるんだぜ?大人だから。円満退職しか目指さないし。サラリーマン根性ご存知ないのかしら…ご存知ないんでしょうね。うらやましい…(切実)

最終的に「バイトのプレッシャーで本業に影響が…」とこちらの都合で方針に沿って説明したら一応納得は頂きました〜ほ。これも実際そうなんでウソじゃないしね。

それでも最後までちょっと迷ったな。色んな考え方があるし、本心話すことを大事にしてる風の方だったので、本当のことを言うのが誠意なのかとか。でも個人非難に聞こえそうなことを言えるかっていったら、そんなことはできないなーとかね。大人だからと言うより、今まで無敵と思ってた学生時代には結構言ってたんだよね。そういう本当のこと。店が嫌いとか、あんたのここが嫌だとか。でもいい結果は生まなかった。

それにたとえ個人の性格のどこかがとっても無理だとしてもさ、それってわたしにとって無理なだけだし、それが悪いわけでも、ましてその人が加害者な訳でもないじゃん。ただ相性とか巡り合わせだと思うのよ。それをピンポイントでここが無理って言うのって、継続性のある大事な関係以外では、ただのアゲツライになるだけじゃない?

本当はそこまで上手に説明できるんだったら、言っても良かったのかな。でもわたしはとっさにそれが出来るほど器用じゃない。だったら言わない方がやっぱりいい。

つまりはわたしなりのベストは尽くせたかな。

ただ…泣いちゃったのよね。 怖いのと申し訳ないのとで。 そこだけ!もったいなかった。 泣いたらダメだわ。相手が加害者になってまう。 相手に失礼だわ。 深く反省。

冷静に話せるオンナにわたしはなりたい